ビブリオマニアダイアリー

活字がないと生きていけない!

ギンイロノウタ 村田 紗耶香

f:id:arumoka:20171005132952j:image

こちらの著者の前作は読んではいないが、なかなか評判が良かった。

なので、普段、図書館で本を借りている私が購入した。

嬉々として読んでいくが、だんだん、まとわりついてくる文章。

思春期の女の子が恋をした対象は人ではなかった。

確実に「女をこじらせている」主人公。

それなりに、こじらせ女子はいるけれど、闇が深すぎる。

みんな、それなりに闇はあるけれど、闇を育てようとはしていない。

文学としては、深い作品ではありますが、辛くて心がついていかない作品であり、こちらの図書を課題本とする読書会は欠席とさせていただきました。