ビブリオマニアダイアリー

活字がないと生きていけない!

わたしはなんでも知っている 令丈 ヒロ子

f:id:arumoka:20180105080250j:imageあの人はいま、
「こう思っているだろう。」
なんて想像は、全くもって外れている可能性がある。と教えてくれた本。

 

主人公は、町医者の娘さん。
同年代の中では、断トツの物知り。

その娘さんが理解できなかった同級生は、
姉妹本の
「私はみんなに好かれてる」
の主人公。

 

人は自分の経験で得た事によりしか物事の判断ができないのかもしれない。

同じ出来事でも、こうも感じ方が違うものかと眼から鱗です。