ビブリオマニアダイアリー

活字がないと生きていけない!

新宿駅最後の小さなお店ベルク 井野 朋也

f:id:arumoka:20180129075305j:image

初めて訪れた時、ときめきました。

「店舗の継続について争った。」
と聞いた時は、
争いごとを好まない私は、

( 争い事は好まないけれど、それは面倒くさいからであって
〝テメー!えーかげんにしろよ!コラッ!〝
とは常々、思っています。)
「なんだか、穏やかではない。戦うお店なのかな?」
と思いました。

 

てすか、

人は大切な何かを守るためには、本気で戦わないといけない。

と学ばせてくれた本。

 

どこの街の国道沿いも見慣れたチェーン店ばかり。
同じような感じになってきた昨今。

このような店舗はぜひとも大切に受け継がれていってほしいものです。