ビブリオマニアダイアリー

活字がないと生きていけない!

やし酒飲み エイモス・チュツオーラ

f:id:arumoka:20180702210339j:image

最近、ビブリオマニアの世界は

「ニッチの世界だった。」

とやっと気がついた。

 

 だから、自分がオタクであることにも気がついた。

 これまで、アニメキャラに恋する乙女な友達の事を笑っていたけれど。

 

 そんなニッチな世界の貴重な仲間に勧められて読んだアフリカ文学。

 

 それはそれは、ぶっ飛んでいて、ツッコミ所満載で、、

 実際、ツッコミ入れられるために、

ボケてはるんじゃなくて、そこが芸術性のなせる技。

 

妖精とか、神さまとか、、、

なんかよくわからないものがいてもいいかなぁ。

 と思わせてくれる不思議な不思議な作品。

 

 著者は仕事の合間の2、3日でこの作品を完成させ、 西洋諸国も含め賛否両論を巻き起こし、ナイジェリアでは国民的英雄となられました。